沐の技術

グラス、木材、塗料のチョイスから仕上げ… 工程を積み重ね、出来上がるグラスは、もはや芸術作品です

グラス

歴史あるメーカーさんの許可を得て使用させて頂いてるグラスは、衝撃に強いクリスタル硝子使用

形も大きさも幅広く取り扱っております

良く『木のグラス』と言うと飲み口の触感や独特な木の香り、内容物が見えない等、繊細な飲み物や本来の味わいや見栄えを楽しみたい方からすると少し不便さを感じます、そこで『沐』のグラスは変わらない触感や見栄えを優先しカップ部分を硝子製で作りました。

用途は様々です、お酒が好きな方でも、お苦手な方でも楽しんで頂けます。

日本酒・ワイン全般・ウイスキー・ブランデー・ジュース・お茶・コーヒー・カクテル等飲料

かき氷・プリン・パフェ・あんみつ・わらび餅・ムース等のスイーツ類

サラダ・ピンチョス・ドレッシング・寿司等 料理類

その他 花瓶・水槽・ディスプレイ等

 

ステム(持ち手)

木材は自然素材のため一つ一つ木目や硬さ等木の癖が違います。そのため木材の種類によって木目を生かす形やバランスを見極める必要があります。

またステムの形は上部に取り付けるグラスの形によって美しく見える形が大きく変わります、そのような細部にこだわり一つ一つ削り出すステムは非常に美しく、手になじむ形状です。

取り扱っている木材も様々です。

とはいえ、強度が必要とされるため比重が1.0前後のものを中心とした材料をセレクトしております。

例えば、日本で硬い木と知られている栗の木は0.5、すなわち、比重が低いため、貴重な輸入の木材を使用しております。

プレート

プレートはグラスのバランス感覚にとって非常に大事なパーツとなります。沐の職人がより安定感のある比重と、スマートで美しい輪郭を描くため、グラスによって大きさや厚みを独自で工夫しております。

硝子との比重の違いにより上が重く、下が軽いと言うのが木の材質であることの欠点と言えるかもしれません。しかし沐のグラスは非常に重硬な木材を使い、本来のプレートよりやや大きめなプレートにすることで極力下が軽すぎると言ったことを減らしています。またやや大きいプレートにすることでテーブル上での安定感も良く転倒の危険性が少ないです。